訪問者数(リニューアル以降)

2016.1.15~125942

所在地

〒089-0615 
北海道中川郡幕別町南町81番地1
Tel 0155-54-2977
Fax 0155-54-2159
Mail
 
 

リンク

このホームページの情報及び著作権は、
北海道幕別高等学校に帰属します。
このホームページに存在するいかなる
情報も無断で転載することを禁じます。
北海道幕別高等学校
(C)Copyright,2016
Hokkaido Makubetsu 
High School
 

進路指導部

進路指導部 >> 記事詳細

2016/12/22

進路指導部長だより

| by s_kikuchi
 進路指導部長菊地です。
 冬休み前最後の日に、帯広高技専の一般受験の合格発表があった。受験者4名全員の合格を確認できた。ここ数週間落ち着かない日々を送っていたY君は、職員室に来て「先生、合格した。ありがとうございました」と満面の笑顔であいさつしに来てくれた。本当に良かった。
 本校の進路として、高技専はとても大きな存在になっている。普通科高校を卒業しての就職は容易いものではない。就職を目指すなら専門高校(職業高校)の方がイメージしやすい。普通科高校の授業に「職業」に直結する授業や学ぶ機会は少ない。だから、可能な限り進学を薦めるが、家庭の状況から、進学自体が厳しい家庭もある。そこで道立の高技専を薦める。
 帯広であれば金属加工、電気工学、自動車整備、建築技術、造形デザインと内容は限定されるが、ここに興味関心が持てれば、将来の就業は一気に明るくなる。電気と自動車は国家資格を伴う技術者養成コース、その他は技能職養成を目的とした職業訓練校である。専門的知識や技術、技能を身につけての就職はその後の生活を安定的なものにする。
 雇用環境をみると本当に複雑化したわかりにくい仕事が増えた様に思う。自分は誰に雇われているのかすら見えない働き方もある。時給、日給、月給や週単位でお金をくれるところもある。目先の生活が精一杯であれば、すぐにお金をくれるところに飛びついてしまいがち。ところが、そういう生活では当然先が見えない。来月どうなっているのかわからないのは不安だろう。1年ごとの更新という働き方もある。公務員でもある。来年どうなっているわからないのだから辛いなあと思う。プロ野球選手はまさしくこの働き方。故にものすごい額の年収を稼ぐ。しかし、低賃金で有期雇用は厳しい。わざわざそういう働き方を望む人はそう多くない。
 20代で年収200万円台でも親元から通えば何とかなるだろう。しかし、いつまでも変わらないのは困る。できたら30歳代で年収300万円以上、40歳代以上で400万円以上の収入があれば、それなりの生活ができるだろう。
 月額20万円もらっても賞与もなければ年収は240万円である。目先のことに目を奪われず、長い目で自分の人生を考えるとき、10年後、20年後の自分がどうなっているのかイメージできることが重要なのだ。
 国民は等しく働く権利を有し、義務を負う。しかし、履行するための環境が不十分なために辛い思いをする若者も少なくない。高校を卒業する時点で次のステージが確保されていることは一つの安心である。幕別高校で良かったと思える高校生活であることを心から願っている。
10:57

進路資料

名前
更新日
コメント