訪問者数(リニューアル以降)

2016.1.15~131857

所在地

〒089-0615 
北海道中川郡幕別町南町81番地1
Tel 0155-54-2977
Fax 0155-54-2159
Mail
 
 

リンク

このホームページの情報及び著作権は、
北海道幕別高等学校に帰属します。
このホームページに存在するいかなる
情報も無断で転載することを禁じます。
北海道幕別高等学校
(C)Copyright,2016
Hokkaido Makubetsu 
High School
 

日誌

ボランティア局 >> 記事詳細

2016/12/15

【ボランティア】高文連ボランティア専門部研究大会

| by s_kikuchi

「ボランティア研究大会を終えて」

北海道幕別高等学校3年 菊地優華

私はこの研究大会を通して、二つのことを学びました。

一つはボランティア活動を通して、人を思いやる心の大切さです。午前中の炊き出し体験で、講師の山口幸雄さんが実際にボランティアに出かけた際、どのような活動をしてきたのかを詳しくお話しくださいました。その中で、災害に見舞われた地域では電気や水道が止まっている。そこで支給される食事を一週間食べ続けることが如何に困難であるか。そこでボランティアに携わる者は、被災された方々は今どのようなものが食べたいのかを考え、炊き出しをするのだそうです。ただ食べられる物をつくるのではなく、被災された方々の気持ちを考え、寄り添い、喜んでもらい、笑顔になってもらえるような食事を提供するよう心がけていると聞いて、とても感動しました。

二つ目は、真のボランティアとは何かです。山口さんが「ボランティアは一方通行だ」とお話しされていました。どういうことかというと、ボランティアとは決して見返りは求めず、やりたいときにやるものであって、「やれ」と言われ、強要、強制されるものでもないということに改めて気づかされました。現地に自らの意思と責任をもって出向き、ボランティア活動を「させていただく」という気持ちで「今日はよろしくお願いします。何かあったら気兼ねしないで言ってください」ということが大切だということを学びました。

 今回の研究大会で私は「ボランティアとは何か」を考えるきっかけになりました。この経験は私のこれからの人生に必ずや役立つと思います。これからも自分の意思で今の自分にできるボランティア活動を精一杯続けていこうと思います。
15:20