訪問者数(リニューアル以降)

2016.1.15~138311

所在地

〒089-0615 
北海道中川郡幕別町南町81番地1
Tel 0155-54-2977
Fax 0155-54-2159
Mail
 
 

リンク

このホームページの情報及び著作権は、
北海道幕別高等学校に帰属します。
このホームページに存在するいかなる
情報も無断で転載することを禁じます。
北海道幕別高等学校
(C)Copyright,2016
Hokkaido Makubetsu 
High School
 

進路指導部

進路指導部 >> 記事詳細

2017/02/22

ようこそ進路指導室へ(8)

| by s_kikuchi
進路指導部長の菊地です。
今回は、メールで届いた卒業生のメッセージを紹介します。この方は、下音更中学校から幕別高校自動車科に入学し、昭和44年3月に卒業された大泉利男さん(大阪府在住)です。当時の担任は中島隆智先生(旭川在住)。今でも連絡を取り合っているそうです。
以下、メールを抜粋します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は、家が貧しくて卒業後1年遅れで大学の夜間部(2部)に進学しました。大学卒業後は大阪の金属加工会社に就職し、定年(60歳)まで勤め上げ、現在も同社の嘱託職員として、週5日勤務しています。幸い技術職であったため、「金属の塑性加工(鍛造、プレス、圧延、押出など)」の知識(材料特性、加工法、熱処理法、表面処理など)を生かし、後輩社員への教育訓練を担当しています。中小企業故に社員教育にはとても苦労しています。
さて、私がこれまで何とか生きてこられたのは、今振り返ると次のようなことがあったからと考えています。
まず頭に浮かんだのは「入学後1年生1学期の試験で「物理B」で赤点を採ったこと」です。担任の中島先生に「落第するぞ」と喝をいれられました。目を覚まされたような衝撃が走りました。次に「中学校以来憧れていた彼女に振られたこと」も物凄いショックでした。そして、卒業間際に「大手自動車メーカー技術職の就職2次試験で不採用となったこと」でした。理由を聞いて余計辛かったです。また「自分より成績が悪いやつが大学進学を果たしたこと」も悔しい思い出でした。さらに「入社後、先輩社員に馬鹿にされたこと」や「同業他社の技術職の方に笑われたこと」など、力のなさを思い知らされました。これらの自分にとっての失敗経験や悔しさを「何くそ」と思って跳ね返し乗り越えてきたことが、今の自分を叶えているのだと思います。失敗と悔しさばかりの人生はそんなに悪くない。全部自分の「生きる力」となったからです。
今、若い社員に技術の伝承を行っています。「3回繰り返し練習して、7割程度習得できれば、後は本人の頑張りだけ」と。人は失敗により成長する。黙って前を向いて挑戦し続けることが大切だ」と伝えています。
以上、近況連絡でした。卒業する皆さんに機会があったら、ご紹介ください。ではまた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
失敗を恐れず、悔しさをバネに前へ進む。今の若者に足りないものを見せられたように思いました。今インターネットの普及で、全国全世界どこにいても、幕別高校の様子をうかがい知ることができます。一生懸命生きて、ふと気づいたら定年退職を迎える年になり、思い出して「幕別高校」を検索して、学校宛てにメールをくれた大先輩の大泉さん。進路指導部として、とても嬉しく思いました。先輩方の活躍が後輩たちへの何より代えがたいエールとなります。今月28日、48名が同窓会の仲間入りを果たします。同窓会の皆様、どうかよろしくお願いします。
08:32

進路資料

名前
更新日
コメント